短時間で見る備忘録やレビュー @メモのて@

PC、海外ドラマ、ゲーム、アニメ好きによる方向性迷子なブログ

スマホ版【悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲】をクリアしたのでレビュー【評価】

ゲーム概要 悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲

対応機種:AndroidiOSPS4ゲームアーカイブスPS3PSP)、XBOX360PSPセガサターン、PS1 

従来の悪魔城シリーズと違い、レベルアップや探索要素があるアクションRPG

スーパーファミコンメトロイドみたいな感じ。

難易度は、万人向けで易しい。

 

PS1時代(1997年)のゲームだが、今でも楽しめるLVにグラフィック&ギミックが作り込まれた作品。

ボイスまで有ります。 

 

iOS版は【こちら】  Android版は【こちら

Amazonで中古品の検索は【こちら

初見プレイした感想(ネタバレ無し)

Android版で、プレイ時間は17時間ほど。 

アイテムのコンプリートはしてない。 

ちなみに、半年以上前にクリア。(文章がまとまらず、記事を後回しにしてた)

 

使用したスマホは【Mate10pro

動作は、それなりに安定していて、17時間で強制終了は3回だったかな。

 

スマホで、この手のアクションは、ほぼ初プレイでした。

ドラクエ7や5など、ただのRPGであれば、スマホでもプレイ済みだけど(クリア済み)。  

操作性はどうなのか?悪いのか?

私は、コントローラーを使わず、スマホだけでクリアしました。

でも、正直に言って、タッチによる操作性はイマイチ。

 

しかし、中盤からの難易度が思ったより低い為、許容できました。

それに、初見だったので、ワクワク探索できた。

まあゲームオーバーで、イライラもした時も有るけど…。

以下2つのうち、1つでも当てはまる人は、ゲームパッド必須

①…攻略情報を知っていて、スピーディーなプレイをしたい人(特に隠し技を多様する人)。

②…スマホに移植された、名作RPGドラクエやFFなど)の操作性が無理で投げた人。

 

 

 

クリア後に、上手い人の動画を視聴しましたが、スピード感が違って別ゲームの領域。

あのようなプレイは、タッチ操作じゃ無理です。 

快適な操作性を求めるなら、スマホ用のコントローラーを買うか、アプリじゃなく、PS4版などのドラキュラXを買いましょう。

 

アプリが定価で370円と安い

私は『安いし、途中で投げても問題ないか~』という思いでプレイを開始。

ところがどっこい…めちゃくちゃ面白い!

グラフィックや、ゲームの作り込みが凄く、ワクワクしました。 

 

色々なギミックと、豊富な隠し通路。

しかも、ある程度は自力で、何となく気付けるので楽しい。

一部は攻略サイトを見ないと厳しいが、クリアに支障は無し。

 

豊富な装備、能力などの開放。

徐々に強くなっていく感じがGOOD。

やりこみ要素が豊富です。

ただし、武器などが多過ぎて、切り替えるのが、少し面倒。 

   

 

難易度は、序盤が苦しく、中盤が程よく、終盤は簡単って感じ。

終盤の不満を除けば、スマホ操作性てきに、わりと良い難易度。

高難易度を求める人は、縛りプレイを推奨。

 

死んだ際のコンティニュー画面が長め。

これは、結構イライラした。

 

強力な装備が存在してるのに、十分に試せる場が無く残念。

クリア後に攻略サイト見て、さらに強い装備を知りました。

しかし、一番強いと言われてるボスも撃破済みで、手に入れる気がおきなかった…。 

 

不満点も色々と書きましたが、総合的には超オススメなゲーム。

未プレイの人は、スマホ版でも、それ以外のハードでも良いので、とにかく遊んでみて欲しい。

PS3PS4でも遊べるので是非。 

 

初見プレイだと辞めてしまう可能性があるポイント

下記の2点を知っておけば、攻略サイトに頼らず、ラスボスまでいけるかと思う。

ネタバレも最小限なので、初見でも参考になるかと。

 

ミストがすぐに解除されてしまう

ミストが何の事か分からなくても、以下を、頭の片隅に入れて置いて下さい。

使い方が分かりにくく、しかもクリアに必須なので。

 

普通のミストを使う際は、行きたい方向に、方向キーを”先に”押しっぱにしてから、ミストを使用します。 

『方向キーを先に押しっぱにする』というのがポイント。

 

下記のマップは後回しにすべし

時計塔、グルグル回る歯車が足場になってるマップ。

敵は、石化攻撃してくるメディウサヘッドや、ハルピュイアイが飛んでる。

十分な装備になってから挑戦すべし。 

初めて訪れた際は、たぶん装備が揃ってなくて、ほぼ無理ゲーだと思う。 

 

以下は、一応知っておいた方がいいこと(クリアには必要ない)

『↓↑ジャンプ』というコマンドについて。

あるものを手に入れるまでは、無意味なコマンドです。

以下、頭の片隅にどうぞ。

  

順番に↓↑ジャンプと押しても発動できなかった。

↓の後に、↑とジャンプを同時押しで、発動できました。 

 

攻略サイト

以下、おすすめの攻略サイトへのリンク。

ただし、初見プレイなら、できる限り自力を推奨。

↑で私が書いた2点を抑えておけば、ラスボスまで行けると思います。

 

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲 トロフィーマニア 

↑はPS4版メインの攻略サイトですが、アプリ版も基本同じ。

ただし、バグ修正部分など若干の違いはあるみたい。

 

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲 (PS1版を前提の攻略サイト

 

ネタバレ含むレビュー

 

 

 

↓ネタバレ注意↓

  

 

 

ラスボスが弱すぎた…。

使用した装備は、自力で見つけたモノなので、簡単に手に入るもの。

ただし、グラフィックは素晴らしい。

 

 

『シールドロッド+各種盾』で使えるようになる特殊技。

防御と攻撃ボタンを同時押し。

 

私は、知らずに殴りだけで使ってました。

装備するだけで防御力が少し上がるし、後方にも攻撃できるから、殴るだけでも便利。

というか、盾の特殊技は便利すぎるので、初見なら使わない方が良さげですね。

 

 

逆さ城というアイディアは良かった。

これのおかげで、表城の隠し部屋に、気づける事がある。

隠し部屋を自力で発見は、楽しい。

 

 

逆さ城、地下水路?にいる魚人みたいな敵が、ドロップする防御力15のアクセサリーが強かった。

自力で、魚人の近くに2000ゴールドが落ちるタイマツを発見し、念の為、金稼ぎを開始。

 

金稼ぎで、10往復くらいしてるうちに、防御アクセサリーが2つ手に入ってた。

レアドロップupリングを1つ装備してる状態で。

 これ2つ装備しちゃうと、ボス戦が楽勝すぎて、ヌルゲー化が始まった。

 

 

消費アイテムが無限に使えるデュプリケーターは、50万ゴールドもするので買わないままクリア。

 

回復アイテムは、ポーション2回、ハイポーション2回くらいしか使わなかった。

初期に節約する必要なかったですね。

ショップで買い足したのも無駄でした。 

 

水中ダメージを無効化する装備ホーリーシンボル

[横に壊れる壁]ではなく、[下方向の壊れる床]で隠れたマップの先にあった。

近くに別通路もあるから、怪しさもあまり無いので、自力で発見はなかなか難しい。

 

時計塔の扉を開けるギミック

4箇所の歯車を攻撃して回す(マップ2つに2箇所ずつある)。

これを全て、音が違う所に合わせる※a。

回しすぎたら駄目。そのときは再度回すべし。

 

※a…歯車を攻撃して回すと、回転音がする。

何度か攻撃すると、音が違う時がある。

  

とあるマップでスイッチが壁に囲われてる部分

使い魔の小悪魔に押して貰う。

私は最初、製作者が実装しようとして辞めた、未実装部分かと思った。 

 

小悪魔のボイスが、イメージと違って笑えました