短時間で見る備忘録やレビュー @メモのて@

PC、海外ドラマ、ゲーム、アニメ好きによる方向性迷子なブログ

映画【スクール・オブ・ロック】をレビュー。【ネタバレ無しの批評】。最下部にネタバレ含む感想。

作品概要(School of Rock)

2003年 アメリカ 時間109分

ロックを愛する、売れないバンドマンのデューイ。

とある事から、名門小学校の代用教員になる。

 

ある日、子供たちの音楽才能に気付いたデューイ。

授業と偽り、ロック音楽を叩き込み…!? 

 

スクール・オブ・ロック予告動画を検索する

 

オススメ度【7~8】(満点は10)

 

レビュー(見てない人向け) 

ロックミュージカル・コメディー作品です。

なかなか、ぶっ飛んでる映画。

笑えました。

 

リアリティーを求めず『笑える音楽映画を観たい!』という人にオススメ。 

 

 

常識的に観れば、主人公は、基本的に最低な人間。

メチャクチャ過ぎて、大部分が擁護できない。

 

しかし、非リアルな映画、かつコメディーなので問題なし。

最初から、ぶっ飛んでるので、終始割り切って楽しめました。

 

   

 

ちなみに、子供達の演奏は、リアルな演奏。

ただの子役ではなく、ミュージシャン。 

 

終盤の派手さは、期待値を少し下回ったけど、十分に楽しめました。

 

視聴後は『最高にロックだったぜ…』と、ノリで思わせてくれる映画。

ちなみに私、音楽とかロックは、ド素人。

完全にノリで言ってます!

   

 

▼関連リンク

Amazon検索する

Wikipedia

字幕版 

吹替版 

ネタバレを含む感想

 

 

 

 

 ↓ネタバレ注意↓

 

 

 

 

最終ステージは、良かったけど、もっと暴れた演奏も観たかったです。

ギターを弾きながら、床を這い回るような、激しい演奏を期待してたので(授業中のビデオにあったやつ)。

 

実際の演奏を重視した、演出っぽいので、無理だったのかもしれないけど。

私的には、少しで良いから、編集できる映画ならではの、ブッ飛んだ演奏シーンが欲しかった。

 

ギター少年(ジョーイ・ゲイドス・Jr )は、大人しいキャラだったので、特に期待してました。

こういう映画では、間違いなく、終盤でハジけるキャラですし。

実際に、ハジけてはいたけど、爆発力があと一歩。

 

 

校長先生(ジョーン・キューザック)のキャラが、良い感じにブッ壊れてました。

最初とのギャップ差が、最高です。

 

学級委員長キャラの女子(ミランダ・コスグローヴ)も、良かった。

主人公が、上手いこと誤魔化して、マネージャーとして、ヨイショしたのは笑った。

しかも、終盤はしっかり活躍してたし。

 

アニメ【月刊少女野崎くん】をレビュー【ネタバレ無しの批評】。最下部にネタバレ含む感想。

作品概要

全12話  放送時期2014年  原作:4コマ漫画 

無骨な男子高生の野崎梅太郎に、恋をした女子高生の佐倉千代。

勇気を出して告白する。

 

しかし、想いが上手く伝わらず…気付くと、彼の仕事のアシスタントに!?

人気少女漫画家の野崎くんを中心に、濃いキャラ達が織りなすコメディーが開幕! 

PV アニメ 月刊少女野崎くん

 

オススメ度【9】(満点は10)

 

レビュー(見てない人向け)

原作は未読です。

 

男女問わず、オススメできるアニメ。

下ネタが無いので万人向け。

ネット上でも、高評価レビューが目立つ作品。

 

コメディー重視のラブコメです。

恋愛部分は、重くない。

ギャグ要素がメイン。

気軽に視聴できて、笑えるアニメを求めてる人にオススメ。

 

   

 

視聴継続の判断は、2話で十分かな。

私は1話でハマりましたが。  

 

2期があれば、必ず視聴する予定。

ただし、1期2014年放送から、だいぶ経ってるので、有るかは不明。

原作漫画のストック自体は十分あります。

既に+2クールほどアニメにできる量が。

 

主題歌は、OPとED両方とも、本作の雰囲気にピッタリ。良い曲。

OP曲【君じゃなきゃダメみたいオーイシマサヨシ

ED曲【ウラオモテ・フォーチュン】佐倉千代(CV:小澤亜李)。

 

 

▼関連リンク

アニメ公式サイト

Amazon検索する

Wikipedia

  

 

 

ネタバレを含む感想

 

  

 

 

 ↓ネタバレ注意↓

 

 

 

 

ミコシバ君が、ヒロインのモデルなのは、最高でした。

一見違うけど、解説されると、100%ミコリンだったので笑った。

 

セオユズキ(声楽部のローレライ)のキャラも強烈。

歌声とのギャップ差がGOOD。

 

男子バスケ部の若松と、ローレライの恋??の行方が、非常に気になる。

この組み合わせは、凄く笑えました。

ローレライの正体に気付く日は、来るのだろうか…。

 

アニメ【たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語】をレビュー【ネタバレ無しの批評】

作品概要

全12話  放送時期2021年  原作:小説 

村では一番弱い、少年ロイド。

強さに自信は無いが、彼の夢は、立派な軍人になる事。

 

村人たちには、軍人になる事を、大反対される。

しかし、反対を押し切り、王都へ。

 

村では最弱な主人公が、立派な軍人を目指す!

(ただし、育った村は、常識外れの伝説の村で…) 

~自分を最弱と勘違いしてる、少年による最強ファンタジー~  

TVアニメ たとえばラスダンPV 

 

オススメ度【7~8】(満点は10)

 

レビュー(見てない人向け)

原作は未読です。

タイトルから想像する通り、無自覚に主人公TUEEEEEEEEEする作品。

本人は、弱いと勘違いしてる。

 

笑える要素が多めで、明るい雰囲気の、軽いシリアスあり。

ストーリー性のあるギャグアニメです。 

気軽に視聴可能な、主人公強い系アニメを求めてる人にオススメ。 

 

視聴継続の判断は、1~2話くらいで良いかと。

私は1話目で、ハマった。

ギャグ要素が、合わない人は、以降も楽しめないと思う。

 

   

 

ハーレム系ですが、先日レビューした【俺だけ入れる隠しダンジョン】ほど、えろが過剰では無く、視聴しやすい。

 

終盤など一部、多少マンネリを感じた所も有ります。

無理が有り過ぎたり。 

まぁでも、それ以前が面白かったので、総評としては満足してる。 

 

原作は継続中。

アニメは、ある程度スッキリした所で終わる。

2期はまだ決まってないけど、放送されたら視聴します。

 

 

▼関連リンク

アニメ公式サイト

Amazon検索する

Wikipedia

原作