短時間で見る備忘録やレビュー @メモのて@

PC、海外ドラマ、ゲーム、アニメ好きによる方向性迷子なブログ

ロジクールのスピーカー。Z120BWを買って3ヶ月が経過。高齢者のTV爆音対策にもオススメ

音質も悪くなく、コスパに優れたスピーカー。

1290円で買いました。

ロジクールのZ120BWを買ったレビューでサイズ比較

サイズはこんな感じ↑。

高さ x 幅 x 奥行き: 110mm × 90mm × 88mm。

入力端子3.5mmステレオミニジャック。

出力は1.2W(0.6W+0.6W)。 

各ケーブル長さ

オーディオケーブルの長さは約122cm。

USBケーブルの長さは約122cm。

スピーカー間ケーブルは約81cm。

 

Logicool  Z120BW USB給電式スピーカー】Amazon 

私の使用目的は、テレビの音声を手元で聴くこと

ダイニングテーブルからテレビまで3~5mくらい離れてます。

 

昼間は問題ないのですが、夜中などは大音量にしづらいので、不便でした。

そこで、手元に置けるスピーカーを買う事に。

 

最初はBluetoothの無線スピーカーも考えました。

しかし、TVが古いのでBluetoothの送信機を買うコストだったり、遅延の不安があったりで却下。 

家に無線機器も多いので、電波干渉によるノイズや途切れも不安だった。 

Creative PebbleとZ120BWで迷った末に…Z120BW購入

予算2000円くらいで、知名度のあるメーカーで、評判の良い製品は、この2つでした。

ロジクール Z120BW】と【Creative Pebble】。

 

低価格スピーカーを3時間以上も調べ、どっちにするか悩みました。 

そこから導き出した私の結論は…

音楽や、映画など迫力のある音を優先する場合は、Creative Pebble。
音声の聞き取りやすさを重視する場合は、ロジクールZ120BW。 

という感じでした。

 

私は、テレビ使用で、声の聴き取りやすさ重視(イコライザーなどの調整なしで)。

ということで、私は【ロジクール Z120BW】にしました。

PCで使うなら、イコライザーが使えるので【Creative Pebble】を買ってたと思う。 

 

 

ロジクールZ120BW】の良い点・悪い点

・人の声が聞き取りやすい音。

・低音は出ない。

・音楽や、映画などで迫力重視の人には向かない。

・価格がCreative Pebbleよりも安い(私が購入した時は700円程の差)。

・スピーカー出力1.2W。Creative Pebbleよりも最大音量が下。

・2年保証がある。

 ロジクールの保証は良い。私は、PCマウスで利用済み。

 

【Creative Pebble】の良い点・悪い点

・Z120BWよりも、総合的に音質が上。 

 音の迫力を優先する人にオススメ。

・この価格にしては、低音が少し出る。

・スピーカー出力4.4W。Z120よりも最大音量が上。

ロジクールのような2年保証は無し。  

実際にロジクールZ120BWを使ったレビュー

テレビに挿しっぱなしで、3ヶ月ほど経過。

想像通りなスピーカーで、総合的に満足。

 

音質は、この価格にしては十分良い。

ニュースや、バラエティ番組などの音声が、聴き取りやすい。

 

低音は駄目。評判通り。 

音の迫力は弱い方かな。

でも、十分な音質なので、私はアニメや映画やドラマ視聴にも使ってます。

 

   

 

音量は、スピーカーのツマミを50%で、TVの音量を大きめにして使ってます。

TVの音量は、スピーカー不使用時の2倍近くにしてる。   

 

白色の部分が多いので、汚れが目立つ。

私はテーブルの上をちょいちょい移動させるので、少し気になる。

 

オーディオ延長コードは5mの延長ケーブルを利用。

Amazonで1073円で買いました→【サンワサプライ オーディオ延長ケーブル 5.0m  KM-A3-50K2】。

音量やノイズの問題は無し。

伸びたケーブルの一部は、絨毯の下などにして隠してる。

 

 

USB給電式のスピーカーです。 

私は、テーブルに元から置いてた電源【AUKEY USB充電器6ポート】に挿して利用。

スマホ充電用に、以前から使用してた。

  

 

スピーカー電源のON、OFFについて。

手動で切る場合は、音量のツマミを0にするとOFFになる。

でも、大した電力は消費しないので、私は常時ONのまま。

 

テレビ電源とスピーカー電源を連動させたい場合。

テレビにUSB端子が付いていれば、可能です。

そのUSB端子に、スピーカーのUSBを挿す。 

 

このスピーカーの活用方法

高齢者などの、テレビ爆音対策にもオススメ。

手元で音声が流れるだけで、だいぶ音量が抑える事が可能です。

音質的にも、声が聴き取りやすいので最適。

耳が遠くなった祖父母などへのプレゼントに、良いと思います。

 

就寝時に、睡眠用BGMを聴く人にもオススメ。

安いので雑に扱いやすく、枕元に置くスピーカーとして最適。

 

ちなみに、就寝中の長時間イヤホンは、耳穴にカビが生える可能性あり。

辞めましょう。

そういう意味でも、このスピーカーは良いかと思う。

アニメ【ログ・ホライズン】1期2期をレビュー。【ネタバレ無しの批評】最下部にネタバレ含む感想。

作品概要

1期 全25話 放送時期2013年  原作:小説
2期 全25話 放送時期2014年  
3期 放送中 放送時期2021年 

ある日、オンラインゲーム【エルダー・テイル】に、日本人ユーザー3万人が閉じ込められてしまう。 

何が起きたのか全く分からないプレイヤー達…。

 

エルダー・テイル歴が長い、玄人プレイヤーのシロエ(主人公)。

秩序が崩壊しつつある状況を打破するため、仲間と共に立ち上がる。 

1期  オススメ度【9】(満点は10)

2期  オススメ度【8】(満点は10)

3期は、まだ観てない 

レビュー(見てない人向け)

原作は未読。

ちなみに、原作者の橙乃ままれ先生は、【まおゆう魔王勇者】の作者。

 

ゲーム(MMORPG)のルールと、ストーリーの絡め方が上手いです。

設定が面白く、1期はストーリー展開のテンポも良い。

ツッコミたくなる設定も一部あるが、許容できた。

 

ゲームをやらない人でも、理解しやすい説明があるので、楽しめる内容。

ただし2期の戦闘は、多少複雑化してる。  

 

主人公は知略系。

スキル再発動タイムの計算など、ゲームルールを活かした強さ。

基本的に、非チート系な強さでGOOD。

 

   

 

視聴継続の判断は4話までくらいかな。

1期は、全体的には明るめで、程よくシリアスがある。

感動要素も少しあり。  

  

2期は、1期よりもテンポが悪いです。

シリアスなシーンも、だいぶ増加。

内容は良いと思うけど、1期ほどワクワクできなかった。

すぐにスッキリしない謎(伏線?)も増えた。

 

しかし、1期ほどでは無いにしろ、 2期も面白いので視聴して損なし。 

3期が放送中。

全話が放送されてから、視聴します。 

 

1期OP主題歌の 【database feat. TAKUMA】は良い曲。

『第一印象は、うるさい曲だな…』と思ったけど、何度か聴いてる内に、ハマってました。

 

 

▼関連リンク

アニメ公式サイト1期

   公式サイト2期

   公式サイト3期 

Amazon検索する

 

1期OP主題歌【database feat. TAKUMA10-FEET)】 

Wikipedia

原作者(橙乃ままれ)の公式サイト 

  

 

ネタバレを含む感想

 

 

 

 

 

 ↓ネタバレ注意↓

 

 

 

 

記憶の地平線(ログ・ホライズン)、ってネーミングはセンス良いですね。

記憶の地平線って、何か好き。

 

HPとMP(魂魄?)の設定がGOOD。

デスペナルティ経験値の減少に、記憶の欠損を絡めたりと。

理論的な設定で面白かった。

 

ぎるど会館を買えちゃう設定はどうなの?、って所もあるけど、まあ面白かったのでOK。  

 

るでぃーが倒れるシーンを、1期OP映像に組み込んでるのは微妙かな。

話の流れで、めちゃくちゃフラグは立ってはいたけども。 

 

映画【トレマーズ】1作目をレビュー。ネタバレ無しの批評。最下部にネタバレ含む感想。

作品概要

時間95分 1990年 アメリカ制作 ロン・アンダーウッド監督

砂漠地帯にある、孤立した小さな町。

周辺で、小さな地震が起きていた。

 

その原因は、未知の人食い巨大生物…!

巨大なモンスターとの戦いが始まる。

謎の巨大生物と戦う、パニックアクション映画

映画 トレマーズ 予告映像

 

オススメ度【7~8】(満点は10)

 

レビュー(見てない人向け)

巨大生物が出る映画が好きなので、久しぶりに映画を視聴しました。

作品概要から期待する通りの映画。

吹替版を視聴。

 

王道なストーリー。

テンポも良いです。

少し退屈なのは、最初の15分くらいかな。

まぁそこは、序盤の掴みなので、しょうがないですが。

 

   

 

巨大生物のクオリティーは、十分ですね。

1990年の作品ですが、下手な低予算CG作品より迫力ある。

 

がっつり笑えるシーンは、思ってたよりは、少なかった。 

面白さはあったので、満足はしてるけども。

 

気楽に視聴できる映画を求めてる人にオススメ。

深く考える必要は無く、頭空っぽにして楽しめる作品。 

 

 

主演:ケヴィン・ベーコン (男優)

   フレッド・ウォード(男優)

   フィン・カーター(女優)

 

 

▼関連リンク

Amazon検索する

トレマーズ (映画) - Wikipedia

 

 

 

ネタバレを含む感想

 

 

 

 

 

 ↓ネタバレ注意↓

 

 

 

 

岩場を棒高跳びで移動は、何か笑えました。

絵面の迫力が無い上に、実際にやるのは、地味に痛そう&危なそうで…。

私には無理だなぁ。

 

空気読めない誰かの息子(中学生~高校生くらいの)が、最後まで生き延びたのは意外だった。

あと、巨大モンスターの学習能力が高すぎですね(笑)

面白かったから良いけども。